セオ・ウォルコット サウザンプトンでプレー

セオ・ウォルコット サウザンプトンでプレー

「セインツ」プレスオフィスが最近報じたように、彼らは今シーズンの終わりまでエバートンのウイングの一人、テオ・ウォルコットと契約に成功しました。移籍期間が切れた後も、彼は高い確率でホームクラブでプレーすることができます

要因

ウィンガーがホームクラブに戻るきっかけになった主な理由の一つは、エバートンでの練習時間の欠如です。彼は単に実質的にフィールドでプレーすることが許されなかった。インサイダー情報によると、これは31歳のイングランド出身者が再びサウサンプトンに戻るよう促した重大な理由の1つでした。

エバートンは、現時点でこの移籍に関する公式コメントを控えております。

セオ・ウォルコットからの公式コメント

「他のクラブに移籍するためのかなり良い選択肢がありました。しかし、サウサンプトンが私を必要としているという情報が私に来たとき、私は躊躇しませんでした」と、彼は言います。

私は非常にこのクラブに愛着を持っています。クラブは私を育て、私は完全にクラブの一部分です。サウサンプトンは永遠に私の心の中にあります。私は最初に私の母国のチームとフィールドに入るとき、私は泣くかもしれません。それが私にとってどれほど意味があるのでしょう。」とウォルコットは終えました


年中無休サポート 24時間年中無休